9月14日、身体と魂が喜ぶハーブティーの販売を始めます♡

 

FLOREMのハーブティー

農薬・化学肥料不使用。

FLOREMはクリスチャンのつくるハーブティー。

フランス中部サントル圏ブールジュ近郊にクリスチャンのハーブ畑があります。

彼が所有する土地の広さはなんと12ヘクタール(東京ドーム約3個分)。

50種以上の野鳥と、約450種はあるかという植物が生息する保護地区としてLPO(フランス鳥類保護同盟)に認められています。

そんな美しい自然の中で育まれたハーブは無農薬・無肥料栽培で、土壌は100%自然の土。有機肥料さえも必要としません。

 

GUENIEVRE(ジュニエーヴル)

使用しているハーブ

シナモン

イラクサ(ネトル)

カシスの葉

ブドウの葉

オリーブの葉

ローズマリー

ヤグルマギク

スパイシーなシナモンとローズマリーの意外なマッチング。香りは控えめで想像より飲みやすくクセになりそうな味。イラクサがほんのりほろ苦さを加えます。

シナモンとブドウの葉、ローズマリーには血行を良くする作用があります。

イラクサとオリーブの葉はアレルギー症状を緩和するとされています。

 

 

わたし自身がGUENIEVREをいただくと

身体も心もふわっと温まるなぁ。と感じます。

シナモンの香りが格別で、

口にほのかに残ったシナモンの香りの余韻もなんとも言えません。

心をあたたかく包んでくれるようなハーブティーです。

FROLEMのハーブティーに出会う前、

ハーブは、優しいというかふわ〜っとしてる印象がありました。

そのハーブに対する印象が変わり、

ハーブって力強いんだ!ということを知りました。

FROLEMのハーブは、力強さあるように感じます。

( 力強さというか存在感というのかな? うまく表現できない

そして力強さと同時に優しさも兼ね備えているように感じます。

ハーブ本来の力が、色々なものに埋まっている本当のわたしを引き出してくれるような・・・そんな風に感じる不思議なハーブティーです。

 

 

ネトルの学名は「焼く」という意味から来ており、ネトルには火の要素があります。

感情面においては、湿って行き詰った感情を蒸発させて、

見えなくなっていた自分の内なる強さを思い出したり、

冷めた心を温め情熱をもたらしたり、という働きがあります。

自分の本来のパワーを引き出してくれます。

ローズマリーは第4チャクラを開き、太陽のように明るい光を取り込む手助けをしてくれます。

 

 

FLOREMのハーブティー・GUENIEVRE

お買い求めは ▶︎こちら

 

 

 

♡大人の女性のための 可愛いと上品をお届けします♡

 

最新情報などは↑ホームページをご覧ください。

 

 

千尋
atelierchihiro.info@gmail.com